えん結び

日記

縁結びの宿でもある「田端屋」の女将が、皆さまのご縁を結びます。

冬の準備が進んでます!

皆さ~ん、先日の大雪は大丈夫でしたか! 関東では何十年ぶりかの11月の積雪だったとか! 田端屋のある妙高は、豪雪地帯ですので、 毎年雪は当たり前なんですが、 去年は特に雪が少なかったので、 今年は期待してますよ! 今年の冬は、 スキーが十分楽しめるぐらいの、 適度な積雪を~ 神様よろしくお願いしますね! なんといっても、 妙高のある上越地方は「スキー発祥の地」ですから、 田端屋は伝統のスキーの宿でもあるんです! ここで! 歴女女将のうんちくコーナー!(パチパチ)笑 日本にスキーが伝来したのは、 1911年の事、(あら、田端屋の方が古いんです~) 上越高田の連隊に、 オーストリアからスキーのスペシャリストだったレルヒ少佐が招かれて、 陸軍の兵隊さんがスキーを教わったところから始まりました。 しかも、なんと! その時にレルヒさんを招いた高田の連隊長さんは、 堀内文次郎さんという長野県は松代出身の方なんです! 堀内さんのお名前は、 長野県内でも、神社の境内などに立つ古い碑などに、 揮毫されておられるのが、今でも見る事ができます。 やっぱり、長野と新潟のコラボは凄いですね! 私と一緒です!ウフフ ちなみに、 我が家の冬の準備も、 長野と新潟のコラボで進んでます! この季節、冬の準備で欠かせないのがコチラです! そうです! 野沢菜です! 野沢菜といえば信州ですが、 もちろん新潟県でも食べますよ~ 野沢菜は、田端屋の冬の名物でもあります! なんてったって、田端屋の野沢菜は、 長野県信濃町は黒姫の、 私の実家「徳武農園」

台北市×妙高市の交流事業に参加させていただきました!

田端屋があります妙高市には、 毎年大勢の台湾からのお客様が来られます。 台湾といえば、 私はバナナを思い出しちゃいますけど(ちょっと古いかしら笑) とても暖かいところですので、 やっぱり妙高のような、雪が降る場所は、 台湾の皆様に、たいへん喜んでいただけます! しかも妙高山は、 別名「須弥山」とも呼ばれる神様のお山ですので、 そんなところも、更に人気の秘密かもしれないですね! 今回、私は妙高市グリーンツーリズムの一員として、市長さんに同行させていただき、 台湾への交流研修に参加させて頂きました! 迎えて頂いた台湾の皆さんがとっても良くしてくださり、 また、台北市の議員さんなど偉い方とも親しくさせていただき、 とっても有意義な研修になりました。 しかも、行った当日は68年ぶりのスーパームーン!!! ばっちり、スーパームーンの光を浴びましたよ~! でも、台湾の活気と熱気は凄いですね! 私、ずっとテンションあがりまくりで、 とっても楽しい時間を過ごさせていただきました! 特に一番は風水グッズです! 台湾では、どこもかしこも縁起物、風水グッズばかり飾ってあります! コパさん暦うん十年の風水女将の私としては(笑)、 もうメロメロ~ 案内の方に、 あの風水グッズはどこで買えるんですか? なんて聞いてしまって・・・(恥) そしたら帰りに、わざわざ準備してくださって、 みんなに配っていただきました! そちらが、これです! 「倒福」といって、 台湾ではお正月に飾るものだそうです。 福の字が逆さになってるのが何か故事があるそうですが、 福が到る~ なんて

黒姫様伝説をミステリーハンティング!

私、実は、 田端屋の女将の他に、 「ミステリーハンター」で「歴女」もやってます! ホントですよー!笑 そんな私が今一番ハマっているのは、 「黒姫様」を探す事、です! というのも、 私の実家は、田端屋から県境をまたいですぐの、 長野県信濃町の「黒姫山」の麓にあるのですが、 「黒姫山」という名前の由来は、 信州中野のお殿様、高梨家のお姫様「黒姫様」からきていまして、 今、「真田丸」に出てくる、長澤まさみちゃん扮する、高梨内記の娘「きりちゃん」は、 もしかしたら「黒姫様」の大姪になる(内記さんのお父さんの妹が黒姫様)、 というお話もあります。 そんな私のルーツでもある「黒姫山」の「黒姫様」 「黒姫物語」として、いろいろな伝説になっているのですが、 基本的なお話は、だいたいこのような感じです。 ~黒姫伝説(簡易版)~ むかしむかし、中野のお殿様に「黒姫様」というたいそう美しいお姫様がおったそうな、 「黒姫様」は、あまりにも美しかったため、 近くの池に住む「黒龍」から見初められ、プロポーズされたんじゃが、 お殿様が反対したため、 その「黒龍」が怒って、洪水を起こしてしまい、 それをなだめるために、「黒姫様」が「黒龍」のもとに行き、 洪水が治まった、とさ~ といったお話なんですが、 その結末は、 「黒姫様」は「黒龍」の元に行って、幸せに暮らしました。 と、 「黒姫様」は「名剣」「髪の毛」を使ってなど頑張って「黒龍」を退治しました。 という、2つのパターンになります。 どっちにしても洪水を治めるための「人柱」の雰囲気がしますよね~ ここまでは、伝説の世界なん

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
​いらっしゃいませ!
ようこそ、田端屋へ!

創業1905年 妙高杉野澤

結びの宿

〒949-2113新潟県妙高市杉野沢2468

TEL.0255-86-6108   FAX.0255-86-6539

© 2016 旅館田端屋