えん結び

日記

縁結びの宿でもある「田端屋」の女将が、皆さまのご縁を結びます。

妙高も冬から春へ、雪の神さまに今年も感謝です。

こんにちは! 妙高杉野澤 旅館田端屋 女将の加藤宏枝です! 本日3月26日は、 田端屋のある、「妙高杉ノ原スキー場」ウィンターシーズン最終日です! お蔭様で、今年の冬も、たくさんのご縁を頂いて、 とっても楽しく過ごせました! 田端屋に来てくださったお客様、 支えてくれたスタッフの皆様と、おばあちゃん、うちの主人、 そして、 妙高山をはじめ、田端屋をお護りいただく、たくさんの神様! ありがとうございました♪ 本当に感謝、感謝でございます! ちなみに、 杉ノ原スキー場は今日が最終ですが、 お隣の「池の平スキー場」と「黒姫高原スキー場」は、 4月2日(日)までオープンしてますよ~♪ さらに、なんと! 赤倉のスキー場は、5月の連休までやってます。 特に今年は、雪が多く残ってますので、まだまだスキーは楽しめますよ♪ 杉ノ原も、もうちょっと長くやってくれないかしら♪(笑) でも、これからは、 残雪のお山での、スノーシュートレッキングがとっても楽しい時期にもなりますし、 そのうちに山菜もたくさん生えてきますし、 いよいよ春の楽しみが味わえるシーズンになってまいります♪ でも、今年の冬は、 何か本当に楽しくて、あっという間に過ぎてしまった気がします。 以前の私は、けっこう体の調子が悪くなったりして、 しんどい時もあったんですよ、 でも、今は全然大丈夫♪ 忙しい時ほど、楽しくて調子がいい感じ♪ なぜかしら?(笑) やっぱり、神様のお陰かしら♪(笑) でも、そういう目に見えないものの存在って、 若

田端屋の名前の由来って?!

こんにちは! 妙高杉野澤 旅館田端屋 女将の加藤宏枝です! お宿のほうは3月に入り、春スキー真っ盛り! でも、あと2週間で、今年のスキーシーズンも終わってしまうんですよね~ 今年の冬もたくさんのご縁を頂きました♪ あと2週間! 今年は本当に雪が多いので、最後までたっぷり楽しめますよ~♪ 妙高杉ノ原スキー場は、3月26日(日)が最終日です。 今年のラストスノーはぜひ妙高へどうぞ~♪ ところで、よくお客様から、 「女将さんって、苗字は、田端さんじゃないんですね?」 と言われます。 私たちは「加藤」が苗字なのですが、 「田端屋」という、いかにも苗字みたいな屋号なので、 そう思われるのも不思議ではないと思います。 この「田端屋」という屋号がなぜついたのか? 実は私たちもよくわかりません。 おばあちゃんに聞いたら、 「田んぼの端だったからだよ~アハハ~」 って言われたんですけど(笑) でも、田んぼの端なんて、どこもそうでしょ~? 実は、 私たちのご先祖様は、今の場所に来るまでは、赤倉温泉でお宿をやっていたそうで、 なんでも、赤倉の加藤家といえば、 江戸時代に高田藩から、温泉奉行を任される赤倉御三家の一つというような家柄だったそうなのです。 なので、今でも、お墓は赤倉にあります。 そして、更にその前、 ご先祖様が赤倉の来る前の、 もともと高田城の御城下にあった、お屋敷の場所が、 田端町?だったらしいのですが、 これも、本当かどうか、今ではよくわかりません。 やっぱり田んぼの端だったのかしら?(笑) でも、そんなご先祖様が、なぜ、今の杉野沢にやっ

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
​いらっしゃいませ!
ようこそ、田端屋へ!

創業1905年 妙高杉野澤

結びの宿

〒949-2113新潟県妙高市杉野沢2468

TEL.0255-86-6108   FAX.0255-86-6539

© 2016 旅館田端屋