夏の妙高山で「不老長寿の妙薬」が見つかりましたよ~♡

いらっしゃいませ! いつもお世話になっております♪

妙高 杉野澤 旅館田端屋 女将の加藤宏枝です♡

先日、田端屋へ、 岡山県倉敷市の児島から、天然素材製品の製造販売をされている、

~TENNEN Firm(テンネンファーム)~ 小山社長さんがお越しになりました。 小山さんは、お仕事の傍ら、全国を回って、 いろいろなお花を蒸留して、

アロマオイルやアロマウォーターを作っておられるとのことで、 今回は特に、 今ちょうど妙高山で咲いている、 ある特別なお花を求めていらっしゃったとの事でした。

そのお花とは、こちらの「うわみずざくら(上溝桜)」です。

実はこの「うわみずざくら」、 その昔、

あの三蔵法師様が探し求めていた「不老長寿の妙薬」なのだそうです! 知らなかったわ~ ビックリですね♪ 小山さんも今、お世話になった方が病気になられていて、 その方のために、このお花を探して妙高山にまで来られたのだそうです。

なんでも、

この「うわみずざくら」に含まれるある成分が、

まさに「不老長寿の妙薬」のような、とても素晴らしい効能があるのだそうで、 わたしたちの地元妙高では、 甘~い杏子(あんず)の香りがとってもするこのお花のことを、

「杏仁子(あんにんご)」と呼んでまして、 本当に、あんず、杏仁豆腐の香りがするんですよ♪ 妙高でも場所によっては、 花を塩漬けにしたり、実をお酒に漬けて果実酒にしたりするようですが、

まさか「不老長寿の妙薬」だったなんて! 地元妙高でも、誰も知らないんじゃないでしょうか? でも、 妙高山は、なんと言っても! シュメール山、須弥山ですからね♪ 昔は「妙高山」を「名香山」とも書いたので、 あんずの香り高い、このお花が、 本当に「不老長寿の妙薬」だった気もします♪ わたしも、今年は「杏仁子酒」作ろうかしら! でも、これ以上若返ったら、どうしましょう♪ 20代になっちゃうわ~♡ はい! 冗談はさておき~(笑)

小山さんは、このような道具を使って、 夜遅くまで一生懸命に蒸留水を作っておられました。

一回の蒸留にはとても時間がかかって、 しかも一度に少ししかできないそうで、 とても貴重なものなのですね~

私も少しわけていただきました。 本当に貴重なものですね! ありがとうございました。 これで、みなさんがどんどん若返って、健康が増進されますように! あら! でも、そうなると、妙高山は、

実は「健康」と「若返り」のパワースポットでもあったんですね♪ あら! ということは、田端屋も、「健康」と「若返り」の宿だったんだわ♪

「だから女将さん、ずっといつも若くて美しいんですか?」 ですって?!

はい、ビール1本サービス♡(笑)

本当に今回も、有難いご縁をいただきました。 ありがとうございました。

7月に入りますと、妙高高原には、

たくさんのスポーツなど合宿の学生さん、

そして駅伝チームのお客様などが来られます。

思えば、年々、

夏場のスポーツなどの合宿に来られるお客様が増えてきてまして、

しかも、リピーターのチームのみなさんは、 年々成績が良くなっているように思います。

もしかしたら、みなさん、本当に妙高山のパワーを浴びて、

パワーアップして活躍されてるのだとしたら、

本当に凄いことですね!

もうすぐ梅雨も明けて、妙高も夏本番です!

私も、開運・若返りパワーで氣愛入れて、準備万端お待ちしてま~す!

田端屋宿泊情報です!

★妙高杉野澤 旅館田端屋 ご宿泊のご案内はこちらです。

お蔭様で、7月から8月いっぱいは、お蔭様で田端屋はほぼ満室となっております。 感謝いたします♪ その間はぜひ、「妙高・黒姫開運女将の会」のお友達、仲田恭子女将の「ロッジ森のなか」

おススメですよ~♪

私の実家のすぐ近くなので、夜たまにこっそり遊びに行ってます♪(笑)

★黒姫山麓 ロッジ森のなかのホームページはこちらです。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

創業1905年 妙高杉野澤

結びの宿

〒949-2113新潟県妙高市杉野沢2468

TEL.0255-86-6108   FAX.0255-86-6539

© 2016 旅館田端屋